キャッシュバッカー

出会い系アプリやサイトに必ずいるとされているキャッシュバッカーの目的や手口を紹介します。せっかく出会いを求めているのに、キャッシュバッカーに時間を費やしてしまっては無駄ですから、楽しく利用するためにもキャッシュバッカー対策をしっかりとしましょう。
MENU

キャッシュバッカーの目的と手口

キャッシュバッカー

 

このページではキャッシュバッカーについて紹介しています。

 

キャッシュバッカーとはなにか、一般会員女性とどう違うのか等をわかりやすく解説していきます!
騙されれない為にも、一度目を通して見てください。

 

 

キャッシュバッカーとは

ポイントに喜ぶ女性

 

キャッシュバッカーはCBとも表現され、ポイント稼ぎを目的として出会い系アプリやサイトに登録する女性の事をいいます。

 

出会い系アプリやサイトに登録してる女性登録者は男性からのメッセージ受信、写真の閲覧をしてもらうことによって、ポイントがもらえる仕組みがあります。
※すべての出会い系アプリ・サイトではありません。

 

女性に付与されたポイントはサイト内で使うことができたり、現金化や他社のポイント(楽天ポイント等)、景品等に交換することができ、お小遣い稼ぎを目的としている女性もいます。

 

より多くのポイントを稼ぐ為に、男性をだまし、メールの返事がもらえるようなメッセージを送ったり、エッチな写真を掲載し見てもらうようにしていて、実際にあえない確率が高いです。

 

また希に、男性が女性になりすましてお小遣い稼ぎを目的として、利用している場合もあります。

 

キャッシュバッカーの目的とキャッシュバックシステム

ポイントゲットが私のゴール

 

先にお伝えしたとおり、キャッシュバッカーの目的は「ポイント」です。

 

ポイントを集めて、景品や現金を手に入れることが、キャッシュバッカーのゴールです。

 

迷惑なキャッシュバッカーの存在を根絶するには、キャッシュバックシステムそのものがなくなることが一番良い方法なのですが、出会い系アプリやサイトがキャッシュバックシステムをやめない理由があります。

 

それは「女性会員の取得」です。

 

出会い系アプリやサイトは女性会員がいるからこそ、成り立っています。
男性ばかりが登録していても、出会いはありません。

 

出会い系アプリやサイト運営側としては、導入したいのが「サクラ」ですが、最近はサクラゼロのサイトが主流ですし、万が一サクラがいるとばれてしまえば、あっという間に口コミで広がってしまいます。

 

サクラを導入できない出会い系アプリ・サイトの運営側は一般女性の会員取得をしたいのですから、女性に関しては登録無料な上に、男性からのアクションをもらうたびにポイントを付与し、有料会員になってくれる男性を誘い出したいのでキャッシュバックシステムは無くならないと言えます。

 

キャッシュバックシステムがあるサイト詳細

サイト名

もらえるもの

メール1往復のバック額

ハッピーメール 現金 4.0円
イククル 現金 5.0円
PCMAX 商品交換 約1.5円程度(※1)
ミントC!Jメール 現金 7.0円
ワクワクメール 電子マネー 3.0円
YYC 電子マネー 1.8円
デジカフェ 現金 9.6円〜19.8円
メル☆パラ 現金 2.0円〜5.0円
ASOBO 現金 不明


※1 PCMAXは男性会員もキャッシュバックシステムのような制度があり、景品をもらうことができます。

 

キャッシュバッカーの手口と行動

キャッシュバッカーがポイントをもらえるアクションは

  • メールの受信
  • 画像を閲覧してもらう
  • 動画を閲覧してもらう
  • 電話をする
  • 掲示板へ投稿を見てもらう
  • チャットをする

等です。 
各出会い系アプリやサイトで異なりますが、上記のアクションで数円ずつキャッシュバックポイントが貯まっていきます。

 

ポイントを稼ぐために閲覧してもらえそうな動画や画像等を掲示板に投稿し、男性の気を引きますが、色仕掛けが全てではありませんから、手口を確認していきましょう。

 

煽って関心を引く

怒っている男性

男性を怒らせるようなメールを送り、苦情のメールを送らせる手口です。

 

最初は普通のやり取りをしていたのに、だんだんと「あなたには私の気持ちがわからない」「私なんて…」「私の言っている理解できましたか?」「知らないの?」等の、イラっとするようなメールが送られてくるようになります。

 

冷静な判断ができないようにし、どんどんと言い争いをエスカレートさせていくことによってポイントを稼ぐ方法です。

 

援助交際で関心を引く

援助交際を希望している場合、お金をもらいたいわけですから必ず会えることが前提になります。

 

「会う約束をする」という出会い系ならではなの壁を既に突破できている状態だと、男性としてもアクセスしやすいことから、メッセージが送られてくる可能性が高いので、援助交際希望として募集をかけています。

 

援助交際については、法律的にもグレーゾーンな問題ですから絶対にやめましょうとも言い切れませんが、モラルをもって行動に出ることによってキャッシュバッカー騙されることも減ってきます。

 

会いたい。寂しい。で関心を引く

会いたがる女性

「誰かと会いたいの…」「寂しくて癒してもらいたいの…」

 

こちらも、会えることがわかるので男性としてはメッセージを送りたくなりますが、この場合、明らかにキャッシュバッカー等の悪意を持った人が投稿しているので、連絡はしないほうがいいと判断することができます。

 

女性は基本的に出会い系アプリやサイト内でも受身です。

 

自分から不特定多数の男性に対して会いたいなんて言う人はほとんどいないですよね。

 

エッチな画像や動画で関心を引く

最も多いキャッシュバッカーの手口と言っても過言ではないのですが、性的欲求を刺激するような投稿をし閲覧してもらったり、メッセージを送ってもらったりする方法です。

 

見てもらうことに徹底しているので、会うことはできませんし、メッセージを送っても返事がない場合とある場合があり、基本的にエッチな話しかせず、なんの得にもなりません。

キャッシュバッカーに騙されない為に…

神に祈りを

 

キャッシュバッカーは多くの出会い系アプリやサイト内に存在します。

  • メアドやLINEIDは慎重に交換したい
  • メアドやLINEIDは会ってから交換したい
  • 会う約束をしたのに電話番号を教えてくれない

等、このような言動や行動があった場合は「もしかしたら、会えるかも…」という甘い期待をせずに、バッサリと切りましょう。

 

普通の女の子ならしないよな…と思うようなメッセージ内容を送ってきたら警戒するのも方法です。

 

また、怪しいと思ったら一旦やり取りを中止してみてください。
キャッシュバッカーの場合は、かなりしつこく返事を迫ってきます。

 

あまり迫ってこないようなら、普通の女の子の可能性の方が高いかもしれません。

 

仕事でバタバタしてしまって連絡が遅くなっちゃってごめんね。
と一言添えて、またやり取りを開始すれば問題もないので、思い切って連絡をしないという方法を取ってみてくださいね。

オススメ 出会い系アプリ

口コミ&体験談

悪質行為・業者・人物の特徴や対策

出会いの攻略

アプリ・サイトの選び方、登録

このページの先頭へ