出会い系 出会い系サイト規制法

出会い系アプリやサイトを利用してみたいけど、怖いイメージがありますよね。金銭を脅し取られてしまったり、架空請求や美人局等…真面目な出会いを求めているだけなのに、悪徳業者などによって楽しく出会い系アプリやサイトが使えないなんて許せません。そんな悪い奴らから守ってくれる法律について知っておきましょう。
MENU

【出会い系サイト規制法】悪徳業者は法律で罰せられます。

出会い系サイト規制法

 

このページでは「出会い系サイト規制法」について、説明していきます。

 

楽しく、明るく、ハッピーな気持ちで出会い系アプリやサイトを利用するためにも、出会い系サイトは法律の中でちゃんと運営されているものだと、知ってもらうためのページです。

 

また、ちゃんと法律の中で運営されているサイトであるか等の見分ける方法など、実際に出会い系アプリ・サイトを選ぶ際に活用できる情報も公開しています。

 

「法律」と聞くと、面倒な感じもしてしまいますが、出会い系アプリやサイトをより一層楽しむためにも是非、一度目を通してくださいね^^

出会い系サイト規制法とは。

めんどくさいサラリーマン

 

正式名称:「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」

 

平成15年に制定され、 その後、出会い系サイトの利用に起因した犯罪が依然として多発していたことにかんがみ、平成20年に、出会い系サイト事業者に対する規制の強化等を図るため、同法の一部が改正され、 平成20年12月1日から施行されています。

 

出会い系サイト規制法の目的

この法律は、出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、もって児童の健全な育成に資することを目的としています。
この法律における「児童」とは、18才未満の少年少女のことです。

 

出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)の定義

この法律では、出会い系サイト事業を「インターネット異性紹介事業」と呼んでいます。
「インターネット異性紹介事業」とは、以下の4要件をすべて満たす事業をいいます。

 

1、面識のない異性との交際を希望する者(異性交際希望者といいます。)の求めに応じて、その者の異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを提供していること。

 

2、異性交際希望者の異性交際に関する情報を公衆が閲覧できるサービスであること。

 

3、インターネット上の電子掲示板に掲載された情報を閲覧した異性交際希望者が、その情報を掲載した異性交際希望者と電子メール等を利用して相互に連絡することができるようにするサービスであること。

 

4、有償、無償を問わず、これらのサービスを反復継続して提供していること。

 

出会い系サイトを利用する方に関する事項

出会い系サイトの掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みをすること(禁止誘引行為)は禁止されています(第6条)。

 

出会い系サイトの掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをした人や児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は、処罰の対象となります。

 

児童が出会い系サイトを利用することは認められていません。

 

出会い系サイトを運営する方(インターネット異性紹介事業者)に関する事項

出会い系サイトを運営する方は、届出、利用者が児童でないことの確認、禁止誘引行為に係る書き込みの削除等の義務があります(第3条、第7条から第14条まで、第16条)。

 

プロバイダ等(出会い系サイトに必要な電気通信役務を提供する事業者)及び保護者に関する事項

プロバイダ等の方は、フィルタリングサービスの提供等に努めなければならないこととされています(第3条第2項及び第3項)。

 

児童の保護者の方は、フィルタリングサービスの利用等に努めなければならないこととされています(第4条)。

 

※警視庁 公式HPより抜粋

URL:http://www.npa.go.jp/cyber/deai/law/index.html

長すぎてよくわからない「出会い系サイト規制法」まとめ

 

警視庁のHPではもっと詳しく「出会い系サイト規制法」がまとめられていますが、何を言っているのかわかりにくいのですよね。
なので、とっても乱暴に「出会い系利用者が規制されている事」「出会い系運営者が規制されている事」に分けて完結に説明します。

 

ユーザーは児童買春や援助交際目的の書き込みが禁止

出会い系利用者は、

  • 児童買春
  • 援助交際目的

の書き込みを禁止されています。

 

出会い系サイト規制法によって、児童が性犯罪などに巻き込まれることを防止する目的があります。
違反した場合は100万円以下の罰金等が科せられます。

 

出会い系運営者は色々と守るべきことがある

一つ一つ解説していくと長くなるので、乱暴に説明します。

  • 公安委員会に届出を行い運営するべし!
  • 届出し、付与された登録番号をサイト内に明記するべし!
  • 法律に則った年齢確認を登録時に行うべし!
  • 年齢確認の方法は公的本人確認書類もしくはクレジットカード決済だ!

上記の決まりを守らないと、営業停止などの処分があります。。

 

結局、何が大丈夫なのか。

安心してください

・万が一、未成年者と関係を持ってしまったとしても、出会ったサイトが年齢確認を怠っているサイトで、相手の女性が年齢を偽っていた場合、児童買春等の罪に問われにくくなります。

 

・届出が行われていない出会い系サイトを利用し、サクラなどによって課金を多くしてしまった場合、お金が戻ってくる場合があります。

 

・出会い系サイトに登録する際に、悪質サイトではないかを登録番号などで確認することができます。

 

・登録されているサイトを利用することによって、児童買春等の知らずに犯罪に手を染めてしまう可能性を低くしてくれます。

 

届出しているサイトはどこを見ればいいのか。

 

出会い系サイト内(主にトップページ)
「インターネット異性紹介事業届出・福岡公安委員会 認定番号90080003000」
↑このような届出番号が書かれています。
※例としてハッピーメールを紹介しています。

 

↓↓ こんな感じです ↓↓

ハッピーメール届出番号

 

↑このような届出がされているかどうかを確認してください。

 

まとめ

出会い系サイトは「出会い系サイト規制法」という法律の中で運営されているので安心して利用ができます。
ただし、公安委員会にしっかりと登録されたサイトのみが法律の中での運営です。

 

自分自身を守るためにも、登録され法律を守っている出会い系サイトを利用してください。

 

当サイトで紹介している出会い系サイトはどれも、登録しているサイトですから安心して利用してくださいね!

オススメ 出会い系アプリ

口コミ&体験談

悪質行為・業者・人物の特徴や対策

出会いの攻略

アプリ・サイトの選び方、登録

このページの先頭へ